Welcome to our HomePage

クラブ概要

クラブ概要

ロータリークラブの誕生とその成長
 
 20世紀初頭のシカゴの街は、著しい社会経済の発展の陰で、商業道徳の欠如が目につくようになっていました。
 ちょうどそのころ、ここに事務所を構えていた青年弁護士ポール・ハリスはこの風潮に堪えかね、友人3人と語らって、お互いに信頼のできる公正な取引をし、仕事上の付き合いがそのまま親友関係にまで発展するような仲間を増やしたい、という趣旨でロータリークラブという会合を考えました。ロータリーとは集会を各自の事務所持ち回りで順番に開くことから名付けられたものです。

画像の説明

それからは志を同じくするクラブが、つぎつぎ各地に生まれ、国境を超えて、今では200以上の国と地域に広がり、クラブ数32,912、会員総数1,210,648人(2007年12月31日RI公式発表)に達しています。

 そして、これら世界中のクラブの連合体を国際ロータリーと称します。
 このように、歴史的に見ても、ロータリーとは職業倫理を重んずる実業人、専門職業人の集まりなのです。その組織が地球の隅々にまで拡大するにつれて、ロータリーは世界に眼を開いて、幅広い奉仕活動を求められるようになり、現在は多方面にわたって多大の貢献をしています。

日本のロータリークラブの沿革

わが国最初のロータリークラブは、1920(大正9)年10月20日に創立された東京ロータリークラブで、翌1921年4月1日に、世界で855番目のクラブとして、国際ロータリーに加盟が承認されました。

 日本でのロータリークラブ設立については、ポール・ハリスの片腕としてロータリーの組織をつくり、海外拡大に情熱的に取り組んだ初代事務総長チェスリー・ペリーと、創立の準備に奔走した米山梅吉、福島喜三次などの先達の功を忘れることができません。

画像の説明

 その後、日本のロータリーは、第2次世界大戦の波に洗われて、1940年に国際ロータリーから脱退します。戦後1949年3月になって、再び復帰加盟しますが、この時、復帰に尽力してくれたのが国際ロータリーの第3代事務総長ジョージ・ミーンズでした。

 その後の日本におけるロータリーの拡大発展は目覚ましいものがあります。ロータリー財団への貢献も抜群で、今や国際ロータリーにおける日本の地位は不動のものになりました。現在、日本全体でのクラブ数は2,316、会員数97,432人(2008年3月末現在)となっています。

泉佐野ロータリークラブ誕生と、その軌跡

画像の説明

泉佐野ロータリークラブの誕生は、1960年即ち昭和34年9月、当時岸和田クラブのメンバーであった義本(仲)・新藤(速)・鍛治・浜名・吉田・道幸の各氏が中心となって、
泉佐野市と泉南郡(現在の泉南・阪南市と熊取・田尻・岬町)を新たな地域として創立に尽力されたことに端を発します。

1961年1月9日、泉佐野商工会議所に於いて創立総会を開き、2月27日付をもって国際ロータリーのメンバーとして正式に認証されました。
チャーター(認証書)伝達式は大阪地区の9クラブと共に、同年6月25日大阪の新歌舞伎座に於いて盛大に挙行され、名実ともに晴れて国際ロータリーのメンバーとなりました。爾来、わが泉佐野ロータリークラブは、ロータリーの綱領の精神に基づき、活動発展を続けて、今年、創立以来51年目に入っています。
この間、ロータリー活動拡大の趣旨に則り、1971年に泉南ロータリークラブ創立のマザークラブとなり、15周年にあたる1976年には、泉佐野ローターアクトクラブを結成し青少年奉仕活動のための端緒を開きました。

1981年には、創立20周年を記念して泉佐野市庁舎玄関に市民憲章碑を設置贈呈。
1983~84年度には、第2640地区ガバナーに当クラブの東條仁進会員が選出され、当時地方の一小都市であった泉佐野市に於いて、市民会館をメイン会場に第2640地区年次大会を開催。首尾よく大会を成功に導き、ホストクラブとしての責任を果し、大いに面目をほどこしました。

1986年11月には、泉佐野南ロータリークラブ(りんくう泉佐野に改名)を設立。
そして、1994年9月4日には地元泉州沖に関西国際空港が開港し、我が泉佐野RCは一躍、世界に向かって開かれた空の玄関口に位置するロータリークラブとなりました。

1996年3月17日、創立35周年記念式典を、関西国際空港島内の日航ホテルにおいて盛大に挙行。その翌年1997年2月25日、関西国際空港ロータリークラブを創立。数えて第3回目の拡大という栄誉に与りました。

2002~2003年には、音田篤会員がガバナー補佐としてIM6組のクラブをまとめ、補佐制度をより確なものへと進展させました。

2004年5月23日~26日、我が国で3回目となる国際大会では千玄室委員長のもと大阪ドームを中心に、関西各地で式典、及び様々な催しが開催され大成功のうちに閉会しました。当クラブからも多くの会員が大会運営に参画し、開会式には家族合わせて60名を越える参加者で大会を祝しました。
 

21世紀に入りロータリーも改革の時期を迎えています。どう変わろうとしているのか会員一人一人が模索中です。DLP、CLP、ガバナー補佐制度、職業奉仕の理念、或いは奉仕に対する伝統的な“I serve”の考え方等々。変わるべきもの、守るべきものの中から次の素晴らしいロータリーが期待できます。

泉佐野ロータリークラブ50周年をむかえました

平成23年3月12日東日本大震災の翌日ということでしたが、大工貞晋大会実行委員長、義本肇会長のまさに英断のもと、堺リ-ガロイヤルホテルで行われた50周年記念式典は心に残る感動とこれからの躍進を誓う式典となりました。

画像の説明

51歳の泉佐野ロータリー、会員同志の強い絆と、奉仕への情熱は

我々が何よりの誇りとするところです。

}}

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional